FC2ブログ

~さー土台を引くぞー!、、、1日雨の中で、、、、、~

こんばんは今日は昨日の予定通り京都宇治市木幡でお仕事ですハイ(いつものように帰港しましたじゃー無いのは何とのりさん家から車で7分と言う訳でですハイ)
朝5時の段階で土砂降り今日はだめかなともう一度寝てると、奥様が雨止んでるよと
やっぱり日頃の行いですかね(今日土台を引かないと日曜日は工事できないし、月曜日からは又向日神社に戻らないと最悪今日出来ないと月曜日も向日神社には行けないですとk工房さんには伝えてありますが)
と言う訳でさー土台を引いてくるぞと現場へ、すっきり止んではいませんが、何とか出来そうな様子におっちゃんと二人(今日は中井設備のおっちゃんを手元に来てもらってます)基礎の墨出しを(基礎の上に土台を据えるための基準のラインです)これさえつけてしまえば多少雨が降っても(墨壷ですね、墨汁でまっすぐな線を基礎に付けるので雨がキツく当たると消えてしまうので、、、今回は雨の日墨汁と言って墨汁に油分を混ぜて少しの雨では消えにくくなってるものを使ってますが、それでも叩き付けるほど降るとやっぱり消えてしまうので)大丈夫なので雨がキツくなる前にと
せっせと墨出し(降ってはいますが何とか大丈夫)で土台を基礎に取り付けるためのボルトの穴を開けて(さっきからだんだん雨がキツくなってるような、しかもT工務店さんとN木材さんのミスで土台が一ヶ所なくてどっちのミスでも良いですが結局施行する大工さんに回ってきますねケツふきは)で土台を据え始めるとこりゃーあかんはといったん避難(ちょうど10時やし休憩しよかとコーヒータイム、その前にTシャツを脱いでしぼると滝のごとく、すでにズボンも)休憩中もいっこうに弱まる気配もなくシャーナイ昼までもうちょっとがんばろかと(昼からはもう少しましになるでしょう)何とか昼までに土台を据えて束を据えて高さ見て(後は床板を貼るだけ)このままやってしまおうかとも思いましたが少し小振りになら昼食ってからにと昼休憩(この間もK工房さんから竹さんどうですか月曜日行けそうですかと連絡が取りあえず頑張ってますけど夕方まで分かりませんと伝えて切りました)結局雨はやまずにずっと降りっ放しで時たま止むのではなく、キツく降ってきやがってそれでも何とか無事に床板まで施行できました(床板施工時にも問題が床板のカットが間違っていて一部貼れない事はないのですが笑っちゃうみたいな状態です、この工務店さんは社長一人でやっておられて基礎なども自分でやられるのですが、施行するのが社長さんと言う訳で間違ってても誰にも文句を言われないのでいつもこちらで何とか法的に問題ないレベルにやり直したり、してカバーしてると言う訳で一生懸命材木屋さんに電話して~間違ってるやないかこんなんあかんで~と言ってはりますが結局分かっておられないのですね基礎をするにしても、土台のプレカット図面と、基礎伏図と構造金物図面と床の納まりと全てを考慮して基礎をしなければ行けないはずなのに自分の思い込みだけでやられるので、土台の継ぎ手の所にアンカーがないと行けないのに全くない柱の刺さる所にアンカーがある(結局切ってしまわないと行けない、検査の時には床板を貼ってるので見えないですが、正直心痛みます)土台が基礎に半分しかのらない(通常問題外です)基礎の天場がまっすぐに施行されてない(これでは土台が水平に据える事が出来ない)後の造作で大工さんが頑張って何とかちゃんとしたレベルにまで直します(余分な手間ひまかけさせて頂いてます)といろいろありますが、取りあえずこの家を購入される方のためにも、工務店さんの不備であっても施行する以上、どないかしてちゃんとした家にとがんばって行きます(又写真アップしますね)
っと今日はこれ位にしといてやろう
とついさっきk工房さんから~竹さん月曜日大丈夫ですか、来てくれはりますよね~と電話がすっかり忘れてました~社長大丈夫ですよ何とか終わらせたので向日神社の方に行けます~本間ですか頼みますよ~大丈夫です~分かりましたなんべんもすいません~って訳で月曜日は再び向日神社に行ってきます
それでは又明日さようならおやすみなさい


PS  1日雨にぬれて疲れたのでしょうか帰ってきて取りあえず風呂に入ったのですが(ここで風邪をひいては万事休す)ゆっくり湯船で浸かってサー上がりましょうと膝がかくんとかなり疲れてたのですハイ今日はゆっくり寝ましょうその前に少々晩酌をして
それでは、今から、少々晩酌してきますね下から奥様が~ご飯よー~と呼んでおられるのででは又明日さようならおやすみなさい

Tag:京都 宇治市 木幡 向日神社 風邪 大工さん 設備屋 奥様 晩酌

COMMENT 0